生活していく上で必要な知識をまとめました。

男の子は何歳まで女湯に入れるのか

秋も深まり、そろそろ温泉にゆっくり浸かって温まりたい季節になってきました。
さて、この温泉や、街中にある銭湯では、男のお子さんがお母さんと共に女湯に入っているのをよく見かけることがあります。
赤ちゃんもしくは保育園くらいの男の子ならともかく、小学生くらいになると、一緒に入っていることで周囲に不快に思う女性もいるかもしれませんし、場所によっては条例違反ということもあるかもしれません。
では、男の子が女湯に入れるのはいったい何歳までなのでしょうか。
この点、男女が混浴できる年齢は各都道府県の公衆浴場条例で定められているのです。
たとえば、東京都の条例では10歳以上は混浴させないと定められています。
東京都福祉保健局によると、10歳という年齢は、子どもの体位(性的発育度)、親から独立してひとりで入浴できる年齢等の観点から定められたということです。
つまり、子どもも10歳になれば両親のサポートなしで入浴可能であり、男女の身体の違いがわかってしまうため、混浴させることは不適当であると判断したのです。
ちなみに、北海道の条例では12歳以上、京都の条例では7歳以上を混浴させないとしています。
各都道府県でかなりばらつきがあるようです。
さすがに12歳といえば小学6年生~中学1年生を指す訳で、この年齢の男の子が入ってきたら正直皆驚いてしまうと思いますし、性的発育度も上がっている年齢なので、この年齢の男児を許可するのは鷹揚過ぎる気もしますが。
他の都道府県を見てみると、10歳以上と定めている都道府県は、東京都の他に埼玉県・福岡県・鹿児島県などがあり、12歳以上と定めている都道府県は北海道の他に岩手県・山形県などがあります。
地方に家族で温泉や銭湯に行く際には、その場所では何歳まで混浴可能なのか、公衆浴場条例をチェックする必要がありそうです。